人気ブログランキング |
ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
初瀬詣で
2007年 04月 25日 |
門前通りを歩きながら、桜の中に浮かぶ本堂の屋根が見えた時、一気に心が踊りました。
長谷寺に到着し、仁王門を通ると登廊が・・登って、登って、登って、一気に登りきった399段。さすがに少し息が切れました。さて、本堂の観音様とご対面ですが、うぉ、でかっ・・。でも、何でしょ、拝顔していてると自然と涙が出てきました。大きいと大雑把で大味になりがちだけど、長谷の観音様は違う。とっても慈悲深いお顔なの。舞台に出ると、眺めは素晴らしいし空気が清々しくって気持ちいい♪
長谷寺行きは「今回済ませた方が後々楽」という軽い気持ちで決めたけど、来て大正解。桜が素晴らしいのは言うまでも無く、何よりお寺そのものがいい。ゆっくり静かに見てまわるのに良いお寺です。裏観音も拝んだし、本堂の裏側にまわって見た柱が迫力満点でした。
画像下段の枝垂れ桜は、小学館ウイークリーブック「古寺を巡る7・長谷寺」の表紙を飾ってる枝垂れ桜です。角度と、画像の質が違いすぎるなぁ‥笑
b0067302_2214391.jpg
舞台から登廊の屋根を眺めていると、玉鬘を徒歩でここまで参らせたら、そりゃ幸せにしないと読者が怒るよなぁ式部さん・・と思いました(幸せなままでは終わらなかったけど)。徒歩って、今の世でもありえない。比べて、石山寺詣では行楽気分だったのでは?と思ふ。
The Original by Sun&Moon