ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
1月2日 うっとり曲線美♪♪
2010年 01月 20日 |
b0067302_20224250.jpg
帝室博物館表慶館、もとい東京国立博物館表慶館は、大正天皇のご成婚を記念して明治42年に開館。明治を代表する洋風建築で関東大震災でも倒壊をまぬがれた国の重文です。去年行こうと思ったら、展示替えで閉館中だったのよ。そこでこの度(旅)リベンジ。栄治兄ィが天切りかけたドームを見に行って来ました。国立だけあって(?)、お正月の2日から開館です。素晴らしい♪

去る明治四十二年、宮内省技官片山東熊がこさえた表慶館のドームを登りつめるてえと、のちの関東大震災にせえビクともしなかったてえガラスの天窓を、いともたやすくおっぱずし、大理石の円柱が六本、ぐるりとるぐる回廊から数寄細工の床を踏んで奥へ中へと忍び込む。
ほぉ~、あのガラス天窓をお外しになるとは、さすが栄治さん。などと思いながら、長々天窓を見上げる私は警備のおっちゃんから絶対に怪しまれていたと思う(笑)。
表慶館は、そこかしこの装飾がうっとりするほど優美で全てが素敵でした♪♪

「--おや、ユリの木がそろそろ咲き始めるな」
松蔵は二つの塔を抱えた博物館の本館と、その西側に建つ表慶館の間の庭に目を向けた。

森閣下お気に入りのユリの木も、本中そのままの位置に立ってました。

栄治兄ィが表慶館のドームに天切りかけて拝借した国宝小龍景光、本館の蔵品なのですが、是非とも平常展にて展示して頂きたいわ。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道】 浅田次郎
変わらず再読に日々。そして、やっぱ何度読んでも面白い♪♪
[PR]
The Original by Sun&Moon