ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
カテゴリ:しほんを焼く( 30 )
|
|
2009年 04月 04日 |
b0067302_234185.jpg【18cm型使用】
卵黄    4個    ~メレンゲ~
砂糖    32g    卵白   5個 
小麦粉  100g    砂糖   33g
油     45cc
オレンジ果汁 100cc
オレンジ皮のすりおろし 2個分

自分が焼くしほんの中で1番好きなのがオレンジ。
皮を粗塩でゴシゴシ洗って
皮をすりおろして果汁絞って
私のしほん焼きにしちゃ手間がかかるけど
オレンジの爽やかさがたまらんちぃ
オレンジしほん、皆に好評でしたv
[PR]
2009年 01月 22日 |
b0067302_17465386.jpg
【20cm型使用】
卵黄     5個    ~メレンゲ~
砂糖     35g     卵白   7個 
小麦粉  120g     砂糖   40g
油      60cc
水     120cc
ココアソース
 ココアと湯  各大さじ4

冷凍の卵白があったので、私の冷凍庫スペースを空けなきゃならないのと、
製菓材料整理の為に久しぶりにしほん焼き決行。
20cm型で焼くなんて何年ぶりかなぁ。
久しぶりにもかかわらずレシピを見んと、まぁこんなもんかな?
と上の分量で焼きました。この辺のいい加減さが私のいけないところだな。
自分で食べるんだからと思うと、ついついいい加減の虫が出てくんだよなぁ。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【悪果】 黒川博行
黒川本を読んでいる期間、私の夢の中の言語はallキャスト関西弁風(笑)。
黒川本は、作家に付き合わされてる感が無く読みきれるのがいい。「この部分いらないよな。でも作家さんは必要と思ったから書いたんだろうな。この部分で本の世界から気持ちが遠ざかってしまったけど、書いてあるから一応読まなきゃ」と作家さんに付き合わされてる感を感じながらページを捲るのは、私にとって苦行。黒川本にはそれが無い♪
[PR]
2008年 02月 15日 |
b0067302_22225739.jpg《おnew18cm型使用》
卵黄    4個   ~メレンゲ~
砂糖    35g   卵白  5か6個 
小麦粉  100g   砂糖    30g
油     40cc
水     80cc
チョコレート 80g

フェアトレードチョコで、ちょこしほんを焼きました。
いつもココアを使っていたので、チョコを使うのは今回初めて。
1回目はスーパービター、2回目はビター、3回目はオレンジ。
そして今回は、ビターとミルクのハーフ&ハーフ。
今日しか早く帰れる日は無いと思って、
夜の10時から焼いたので成功してよかった♪
[PR]
2006年 09月 01日 |
b0067302_2275984.jpg其の弐って事は壱って・・えっとここにある。
「丹波黒豆 手作りきな粉」の文字が薄くなってる(^^;
これは春に京都へ行った時、
JR嵯峨嵐山駅から清涼寺へ向かう途中で見つけた「きな粉」。
一般家庭のガレージで商いやってます風なお店でした。
b0067302_22495084.jpgお米屋さんだったかな、豆も売っていて、
目ざといので遠くからも
「きな粉」の文字を逃さなかったのよ。
急いでたので帰りに通ったら買おうと思い、通ったので買いました。
もちろんしほんを焼こうと思って買ったのです。
で、焼きましたよ。4ヶ月かかったけどね(笑)
紙袋からきな粉を出すと、
いかにも手作りって感じで輪ゴムグルグル巻き(笑) 
輪ゴムを外すと、もうもう香ばしいきな粉臭が
くらくらでございます。
黒豆きな粉なので、色も少し黒っぽくいい感じ。
キューピーのサラダでそのまま食べれる黒豆(北海道産)も入れましたよ。
生地を型に流してからポトポトと落として箸でグルグル。
黒豆に粉をまぶすのを忘れたけど、まぁえぇでしょう(大雑把のO型)。
カツトすると、いい感じに豆もちらばり、多少穴があるけど許容範囲内(笑)。
甘さを控えたので、きな粉味のする超素朴しほんが焼き上がりました。
きな粉しほんはお気に入り♪
[PR]
2006年 04月 27日 |
b0067302_22361815.jpg平安神宮の「幸運の桜」、桜の花の塩漬けです。
紅しだれコンサートで買いました♪
平安神宮の宮司さん達は、なかなか商売上手で微笑ましかった。
製造は京漬物の西利なので、
商品に間違いはありません。
b0067302_13535320.jpg水につけて塩抜きしていると、花びらが開いてきて、コンサートの夜の桜を思い出しました。
あの日の夜桜は本当に綺麗だったなぁ・・ 

一昨日、少し早く帰宅できたので、
【幸運の桜しほん】を焼きました。
色が濃いのは焼き過ぎじゃなく、
さらしあん入りだから。
あん無しだと、もう少しピンク色が映えたかも。
水分を切った花を型の底にペタペタ。
葉っぱの塩漬けを微塵切りにし、
さらしあんと共に混ぜ混ぜ。
焼きあがってオーブンを開けると、桜餅の香りが・・。
しあわせぇ~♪
このしほんを食べれば、幸運が訪れるでしょう♪ (たぶん)
[PR]
2006年 03月 13日 |
b0067302_21422377.jpgバナナしほんには熟したバナナを使います。潰し易いし何より熟したバナナは美味♪
我が家のバナナ君、少し青かったので、日の当たる所に放置・・そのまま忘れてました。見ると皮が真っ黒。皮が黒くたって中味は大抵無事なので剥いてみると(^^)v

b0067302_21353478.jpg
卵黄    4個      ~メレンゲ~    
砂糖    30g      卵白     5個  
小麦粉   70g      砂糖    30g
米粉     20g      塩   一つまみ
油     40cc      レモン汁  少々
水     50cc
バナナ  125g(正味)  《18cm型使用》



バナナは、ビニール袋に入れて揉み揉みすると簡単に潰れます。
水の代わりにラム酒を使い(ラム酒好き)、胡桃20gを細かく刻み投入。
腐る寸前バナナの威力か、何時もよりよりバナナ味しっかりしほんが焼けました。
バナナを入れるので、水分は通常より少なめです。
バナナ好きだから・・と大量投入すると、ベチャっと膨らみの悪いしほんになります。
バナナの分量は守りましょう。
バナナが入ってるので日持ちも短めです。
[PR]
2006年 02月 13日 |
b0067302_20515225.jpgはちみつレモンしほん、卵白4個の分量で14㎝と10㎝型の2個焼きました。
14㎝は姪の誕生日プレゼントのおまけ、10㎝は味見用。
はちみつレモンのレシピがないので、
適当‥いやいや適切に判断して分量を決めました。
レモンは凄い主張するので蜂蜜を多目に投入、
焦げ易いので低めの170度で焼いたけど、結構いい色です(爆)。

b0067302_2052882.jpg



《16~17㎝型使用》
卵黄・・・・・・・3個   ~メレンゲ~  
はちみつ・・・・50g    卵白・・・・・4個  
小麦粉・・・・・65g    砂糖・・・・・30g
米粉・・・・・・・15g    トレハロース・・・5g
サラダ油・・・・30㏄   塩・・・・一つまみ 
れもん汁・・・・30㏄   レモン汁・・・少々 
れもんの皮(すりおろし)1/2個分

食べる時に蜂蜜をタラ~っとかけたんだけど、画像を撮る時には染み込んじゃいました。
10㎝型で焼く楽しみは、何と言っても丸ごと食べれること♪
[PR]
2005年 11月 18日 |
b0067302_159174.jpgフランボワーズに続きカシス登場
カシスジャムは、しほんの断面を見ていただければ分かるとおり、
カシスがゴロン(丸く黒いとこ)。
チョコの甘さとカシスの酸味がちょうど良く合った、
甘酸っぱさが美味しいジャムです。
フランボワーズしほんはチョコ味が薄かったので、
今回は多めにチョコジャム投入。
そのぶんキメの荒さがめだつけど、凄い美味しかったから許そう(笑)。
今まで作った中で一番かも。
それはデコった影響が大なんだけど、
生クリームがチョコを引き立てていて、本当に美味♪ 
これで両ジャムとも、全部混ぜ混ぜして焼き上げたので、
次はマーブルにしてみようと思います。
このチョコジャムは買って大正解でした。
あぁ行ってよかったよ、ショコラティエナカタニ
[PR]
2005年 11月 05日 |
b0067302_15144516.jpgいよいよ先日仕入れたチョコジャム登場

まずチョコジャムの味見。
カシスもフランボワーズも思った通りの美味しさ
どちらもチョコと大変良く合うぅ♪

でも、相当危険な香りが2つばかり。
1つ目・・・食べ過ぎると間違いなく頭痛を呼ぶ。
チョコ好きなのに悲しい・・。
2つ目・・・かなりペースト状って事。
入れ過ぎると、大きな穴開きしほんになりそうな予感。

とにかく、焼くと決めたので作業開始。
いつもより、米粉とトレハロースを若干多めに置き換えて、
ふわふわ感を失わないように防止策を。
チョコやココアの油分はメレンゲの敵なので、慎重になります。
弱気になったので予定より少な目のジャムを投入。
ちょっと薄味になったかも(^^;; 
焼き上がりは、見た感じは良いですね。問題は味と穴開き・・

しっとり、ふんわりは良し。
が、フランボワーズの味は残っているけど、チョコがぁ(涙)
全部混ぜないで、マーブルにした方がいいかも。
[PR]
2005年 09月 21日 |
b0067302_21393421.jpg【14cm型使用】
卵黄      2個     ~メレンゲ~
小麦粉    60g     卵白     3個
トレハロース    5g     メープルシュガー 25g
メープルシロップ 40cc    塩     一つまみ
油       20cc    レモン汁   少々
水(調整分)

水分はメープルシロップ、メレンゲ用の砂糖をメープルシュガーへ。
メープルシロップのみだと卵黄生地はネトネトなので、
メレンゲと合わせる前に分量外の水を加えて調整する(大さじ2程度)。
メレンゲは、八分立てしてからメープルシュガーを加える。
b0067302_2213022.jpg水分の多い砂糖を最初から加えると泡立てにくい。
三温糖とか和三盆糖とか黒糖とか色の濃い砂糖ね。で、上白糖やグラニュー糖を使うときより、ゆる~いふわふわメレンゲで、ツノも少々気合不足だけど大丈夫。
メープルしほんはやっぱり美味♪
型抜きすると正座してる足みたいになった(笑)。
[PR]
The Original by Sun&Moon