ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
ありがとう。
2008年 11月 13日 |
この映画の製作、上演に関わった全ての人達に感謝。
ただ、ただ、感謝。
ひたすら感謝。
このうえなく感謝。
本当にありがとう。
私にとっては、今年最大級の贈り物かもしれません。

でも、肉声と映像は反則だよ。
もう、瞬間、ぼたぼた涙が出た。
トニー賞の受賞スピーチに至っては、わーん、わーん。
反則だ。

涙の理由は
当時の肉声と映像を映画を通して見れた事への感謝と喜び。
それと、生きていれば沢山の素晴らしい作品を生み出しただろうに
彼の早すぎた死に対する悲しみ。
後者の方が大きいな。

マイケル・ベネットの姿だけに感動したわけじゃないよ。
全てが感動。
パンフレットは買ってないけど、解説は小藤田さんか萩尾さんかな?

この映画を、コーラスラインが好きな人達だけで観たいと思った。
終了後は、もちろんスタンディングオベーション♪

コーラスラインはさ、ラストがいいよね。
舞台が暗くなった後、再びライトがついて
ピカピカに着飾った俳優達が、誇らしげにワンを歌い躍ってる姿を見ると
落ちた人も受かった人も皆が本当に輝いていて
「あぁ、良かった」て心から思う。
そして私は涙で顔が崩れちゃうんだよなぁ(笑)。

【ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢】
[PR]
The Original by Sun&Moon