ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
鶴もの その4
2008年 05月 19日 |
b0067302_1395846.jpg星澤先生が酒粕ケーキを作ったとか。で、買いに行ったけど売り切れてたのは、遥か彼方遠い遠い昔の記憶。買おうとしていた事もすっかり忘れてた鳥頭の私は、酒ミュージアムにあった『吟醸酒粕ケーキ』を見て、「昔このケーキを買おうとした気がする」と、薄っすら思い出した次第(笑)。
酒粕ケーキは、千歳鶴とシロクマ北海道食品と星澤先生とで共同開発され、製造は月寒あんぱんのほんまという、層々たる面々によって生み出されているケーキなのです。
笹の葉が星澤先生っぽい。「笹の葉は殺菌作用があるので、非常に都合が良いです。」って聞こえてきそう(笑)。
帯に、「軽く焼き目がつくくらいに温めると一層美味しい」と書いてあったので、そのままと焼きバージョンと2通りで食べてみました。そのままは(下段画像の奥)、酒粕風味のする期待通りのみっちり美味ケーキ♪これは冷やしてみっちり度をアップさせると、チーズケーキ風になりはしないかと妄想。さて焼きバージョンですが(下段画像の手前)、ホイルを被せて、トースターで焼き色がつくまで温めると、表面カリッ、中身はホワホワと軽く、口に入れると溶けてしまうみたい。そして、酒粕の香りが立って美味すぃ~♪焼きが癖になりそう。700円
[PR]
The Original by Sun&Moon