ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
おうちで京都・その2
2007年 05月 31日 |
b0067302_21532100.jpg第1目的物完売の文字に一瞬肩が落ちたけど、お目当ては他にもあります。第2目的物を見つけ手に取ると、その隣に見た事のある包装紙が
『二條若狭屋』の包装紙、可愛いからすぐ分かる♪「何のお菓子が来てるのかな?」見ると、二條若狭屋といえばの「家喜芋(やきいも)」と、「やき栗」がありました。ちなみに「不老泉」は無かった。
お連れしたのは「やき栗(4個入り840円)」です。箱を開けると、栗の形をしたお饅頭?表面に焼き色がついてますねぇ。刻んだ栗が入った栗餡かな?とカットすると、「おっ」栗が1個そのまんま入ってます。丹波栗を白餡で包み、薄い生地で覆ってバーナーで焼き色がつけられているお菓子でした。ちょっと笑っちゃうのは、入ってる栗が逆さまなの・・ぷっ。栗餡と思ったら、ころり丹波栗でしょ、そりゃ贅沢に一口で頂きましたよ♪栗が美味しいよぉ~、餡子の量もちょうど良いです。これは栗好きには大変喜ばれるお菓子ですねなんと、三越の菓遊庵で扱ってるじゃない♪毎月15日入荷ね・・ふふ。


*************************************************************************
4日目[基有]:う、う、腕が上がりません!筋肉痛かなり楽に
[PR]
The Original by Sun&Moon