ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
何ゆえ?
2007年 02月 17日 |
千秋庵にはまったかと言うと、書店で目に留まった『甘く、かわいく、おいしいお菓子(甲斐みのりさん)』という本。
書店に行くと最近は色んなタイプのお菓子本があるので、パラっと見ます。見るだけ・・で十分(笑)。でもこの本はお菓子の紹介の仕方が他とは違って、形や色ごとに全国各地のお菓子が集められてるの。ハートならハートのお菓子のページ、白なら白いお菓子のページってな具合。この編集の仕方楽しい♪
パラパラ見てると、お店紹介のページに『六花亭』が。まぁ珍しい事じゃない・・と、次のページを捲ったら、そこには『千秋庵』。「え~、何で?」と不思議に思いながら紹介されてるお菓子に目をやると、ズラズラ知らないお菓子達が・・。正直ショック受けました(笑)。我が家でも、栗まんは千秋庵だし、ノースマンも好きだし、たまに食べると山親父も美味しいと思うけど、全体的なイメージは古臭い・・、最近の北国のお菓子屋さんの流れに乗れてない・・(あくまで私の意見です、すんません)。なのに、この本に載ってるお菓子を見たら、ガンって、最近感じたことの無い衝撃を受けました(笑)。本をレジにお連れし、日を改めて千秋庵本店へ出陣しましたわよ~♪
[PR]
The Original by Sun&Moon