ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
very very very cute!
2007年 01月 25日 |
本日レディースデーつき映画を観てきました。
20日から観たい映画が次々と公開になり、嬉しい悲鳴をあげつつ
今年1本目は『マリー・アントワネット』
感想を一言で述べるなら、ポップでキュートで凄く好き♪
色合いとか凄いラブリーなんだけど、すんごく誇張したものではないと思うの。
そう思うのは、15年くらい前に五番館SEIBU(当時)の赤レンガホールで観た
『マリー・アントワネット展』の記憶があったから。
展示内容がとても内容が濃くてねぇ、思いがけず凄く感動したの。
豪華な肖像入りの食器や、アクセサリー、靴なんかは細工が本当に細やかで素敵なのよ。
贅沢の証と言ってしまえばそれまでだけど、展示物として見てる分には
どれも興味惹かれる素晴らしいものばかりだったな。
マリーの使った日用品(裁縫道具・筆記用具)や、自身が作曲した楽譜なんかもあって
幽閉されていた部屋も再現されてた。
シンプルなベットで、布団やリネン類はオフホワイトで質素だけど
ここでの生活が初めて過ごす家族水入らずの日々・・って説明書きが切なかった。
映画の中に出てきた子供達との絵もあった気がする(なんせ昔過ぎて記憶が・・)
男の子の服の片袖もあって、何が驚いたって立体裁断!
子供服なのに立体裁断なら動きにくいよね・・
もちろん手縫いなんだけど、縫い目が飛んでて、あれなら私のが上手い(^^;
一番感動したのはマリーのハープで、凄い可愛くて一番記憶に残ってる。
全体はペールトーンの水色で、上の部分には小鳥や花が細かく彫りこまれて
綺麗に色づけされていて、本当に可愛いとしか言えないハープだった♪
あの時と同じ内容の展示をまた観たいなぁ。

ところで・・
深田恭子が「マリー・アントワネットの生まれ変わりだといいな」と言ったのは
誕生日が一緒で運命的なものを感じただからとか・・
雑誌で読んで「ふーん、あそっ」としか思わなかったんだけど、驚愕の事実が判明
誕生日が11月2日って・・私と同じぢゃん
ひょっとして、私がマリーアントワネットの生まれ変わりかもぉ~~  おほほほほほ

そこ笑わないように
[PR]
The Original by Sun&Moon