ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
さすが!
2006年 05月 11日 |
公開されたらすぐ観に行くゾと思っていたのに
1か月経って、やーーっと観る事ができましたの『プロデューサーズ』(^▽^*)

もうね、最高に楽しみにしてたの。
だって、監督&振付がスーザン・ストローマンって、
ふぅりぃつぅけぇがぁーーーー、その上、かぁんとぉくぅもぉーーー。

スーザンが大好きです♪
彼女の虜になったのは、クレイジー・フォー・ユーがきっかけ。
「好きなミュージカルは?」と聞かれたら、そりゃ沢山あるけど
「1番好きなのは?」と聞かれたら「クレイジー・フォー・ユー」即答!!
そんなスーザンの映画だもの、観なくちゃだよ♪

なんかねぇ、スーザンらしさというより、
そこかしこに「クレイジー・フォー・ユー」がチラチラ見え隠れしてるのぉ。しあわせぇ♪
まず、レオが会社に戻って、書類の棚からダンサーが出てくるシーンは
ボビーの車から、ガールズが出てくるシーンを思い出すし
レオとウーラが踊りながら、次第に心が通っていくのは
ボビーとポリーのShall We Dance?だし
そうそう、ウーラはドレス、ポリーはワンピースだけど、どちらも青だね。
刑務所のミュージカルで、女性が足かせの鉄球をブンブン振り回してるシーンは
Slap That Bassっぽかった。ここで「やっぱり小物使いが上手いなぁ」って思ったわ。
他にも、沢山あったけど、やっぱりタップそれに小道具を楽器にしちゃうの最高
パンフレットは買ってないけど、小籐田さんか萩尾さんのコメントが掲載されてるんじゃない?映画だから萩尾さんかな?

ネイサン・レインは素晴らしいね私ごときが生意気に言う事じゃないけど本物
舞台だったら、絶対にスタンディングオベーションだよ。
今、同じ時代に生きている事を幸せに思うわ。もちろんスーザンもね。
ウィル・フェレル・・かなりツボ(笑)宇梶にそっくり。ぷっ。
ゲイリー・ビーチもロジャー・バートも、あぁゆう演技が出来るのって素敵(笑)
そうそう、オーディションシーンで、最初のピアノの音を聞いた時
「あれぇ、コーラスラインのオーディション?」って。小技が効いていて楽しかったわ。
DVD買っちゃお♪
[PR]
The Original by Sun&Moon