ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
うでんでん。
2005年 08月 01日 |
北海道新聞、日曜朝刊には『日曜版』ってのが入ってきます。

遅くに起きて、「ぬぼぼーーーーっ」とテーブルの上にあった『日曜版』に目をやると、
見覚えのある顔が・・。「おっ!瑠美ちゃんではないですかぁ!」 
瑠美ちゃんとは、高松にある「池上製麺所」の名物おばちゃんであります。

私が「瑠美ちゃんの店」に行ったのは、去年11月。
「地元民でも一目置くディープな所」と言われ連れて行ってもらいました。
私の目の前に現れたのは、台風で吹き飛ばされてしまいそうな掘っ立て小屋。
小屋にも驚いたけど、値段も恐るべしの「ななぢゅうえ~んっ!」
70円はうどん一玉と葱と醤油込みの値段で、卵はプラス30円。
アルマイトの平らなお皿に、100円玉、50円玉、10円玉が綺麗に並んでおり、
客が代金を置いて、おつりが必要ならば取っていくというスタイル。
瑠美ちゃんは、ひたすら麺をゆがいてどんぶりに入れていくだけ。
モーモーと湯気の立ち上る中で、休む事無く作業するのって夏場は特にキツイだろうなぁ。
「釜揚げ」を頂きました。こしのある「うどん」が好みなので、大変美味でござりました♪
食後はどんぶりも自分達で洗うのですよん♪

今回の記事で判明した新事実!瑠美ちゃん72歳だった。
まだまだ若いじゃないか!これからも元気に美味しいうどんを打って欲しいわ。
b0067302_22454212.jpg
真ん中上の画像がお店(?)の入り口です。

[PR]
The Original by Sun&Moon