ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
22日は散歩日和。のつづき。
2005年 07月 24日 |
海の噴水
b0067302_12294944.jpg
風向きはモエレ山で確認済みなので、風上の好位置をキープ。
イメージは、おわんと受け皿といった感じかな(^^;;  <おいっ!
おわん内部から水が噴き上げるのですが、
外側にある4段イボイボが、後でいい働きをするのです。
b0067302_12314796.jpg
おわんの周りからサワサワサワ~っと涼しげな音とともに水が・・
「綺麗~、涼しげ~♪」っと思ってると、
おわんの中心部から水の塊が噴き上がるのです。
b0067302_045559.jpg
水って、通常は上から落ちてくるものだけど、こうも噴き上げられるとあまりの迫力に言葉を失いますね。「すご~~い」しか出てこないのですよ(^^;; 画像から伝わりにくいと思うけど、水のバックにいる人間のサイズから、高さ(25m)を想像して下さい。青空をバックにした白い水の塊は爽快塊部分からはぐれた端っこが、大きな水玉としてパラパラと落ちてくるのも綺麗でした♪
b0067302_15371649.jpg
噴き上げていた水が中心部にたまりだすと、荒々しい波がグルグルとうごめいて、外に水が溢れ出します。溢れ出た水がイボイボに当ると、白波のようで綺麗なんです。うぅむ、あのイボイボには意味があったのだと、この時気付きました。芸が細かい。
4段あったイボイボも次々と水中へ飲み込まれていくのですが、水が外へ外へと押し出されてくるとき、「ザザザザーーー」っと波の音がするのです。こりはぁ、まさに海でござりましょ!
やがて、おわんもスッポリかくれてしまうと静寂が・・。あれほど大量にあった水は、音も無くスーーっと引いてしまいました。不思議な事に、さっきまで水に浸かっていた部分に濡れた痕が全くないの。特殊な石なんでしょか?それとも何か違う素材?ただ今のところ、石以外の素材に一票入っておりまする。

これで終わりかな?って思ってると
再び、サワサワサワ~っと涼しげな音と共に噴水があらわれました
スチームみたいで綺麗♪
荒々しい波の様子を見た後なので「ホッ」とします。
b0067302_17313687.jpg
それまでライトだと思っていた部分からも水が出てきました。
おもわず周囲からは「おぉぉ」の声。
内側と外側の二重になっているの、わかりますか?
b0067302_16241785.jpg
A:「真下から見てみたい」
私:「真上から見てみたい」

40分間も見てられるかな?って思ったけど、終わってしまえば40分も経った?って感じです(^^;;  なんかね、見てる人たちもシーンと見入ってたよ。今度は夜に来よう♪ライトアップされたフルプログラムが見れるのは7・8月のみです。9・10月はショートプログラムなので、25mに噴き上がるだけで海の部分は無いんだって。
噴水が終わって名残惜しくも「モエレ沼公園」を後にしました。いんやぁ、バス停の自販機で買ったお茶の美味かったこと!ごっくんごっくん飲み干しました。あの時なら、キリン一番スクエアのタワービールも飲み干せたね。

札幌市民はイサム・ノグチから、でっかいプレゼントもらったな。だってね、何処に行っても子供達が楽しそうにしてるんですよ。それってイサム・ノグチの目差したものだよね。多くの人に愛される公園になりますように!

7/17:私の『Playing Octetra』♪
7/1:グランドオープン!
[PR]
The Original by Sun&Moon