ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
ちっちゃくて可愛い♪♪
2010年 10月 04日 |
b0067302_23385287.jpg最近ドーナツばかり食べてるなぁ。
こんなにドーナツ好きだったかしら?私(笑)。

あれ→→→
シェラトンホテル札幌のベーカリーショップ
【ノースクレスト】のミニドーナツです。
直径6センチほどのちっちゃい可愛らしいドーナツです。
見た目の可愛らしさと、
ホテルメイドなのに1個80円のお安さに、
つい全種買いしてしまいました(笑)。
手前から、チョコ・ストロベリー・抹茶・バニラです。
バニラクリーム、中学の売店で売っていたクリームパンの味だった♪♪
それぞれのクリームの味がしっかりしていて、
生地も油っぽくなく軽めで美味でした。

前に買ったカップケーキも健在で、変わらず1個120円のお値段に驚き

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【風の陣 裂心篇】 高橋克彦
ついに裂心篇。【火怨・上下】をざーっと読んでから取り掛かり、後半は【火怨・上】と交互に読み進める。嶋足も自分の手で益女を殺めたり、随分と理不尽な目にあったけど、1番耐え忍んだのは鮮麻呂ちゃんだよな。5歳にして理不尽な事にはキッチリ抗い、とっくみあいの喧嘩で池に嵌りつつ、結局天鈴に頭を下げさせてしまう鮮麻呂ちゃん。心は裂けようとも内にある芯は5歳の頃から何も変わらなかったのだなぁ。357ページは涙なくして読めん。広純は何度殺しても殺したりぬ。大楯も然り。大伴真綱の存在は救いだな。
【風の陣】読まずして【火怨】読むべからず・・とは言わないけど、【風の陣】を読むと【火怨】の感動がより深くなる事うけあい。【火怨】で、何故に天鈴が鮮麻呂を思ってああまでぽろぽろ涙を流すのか分からなかったけど、【風の陣】を読んだ今は涙の意味が良く分かる。火怨→風の陣→火怨の順がいいかも。
掲載されてた文蔵もたまに立ち読みしていて(笑)、都に行く件を読んでいたので、まさかの結末に呆然。そして涙涙涙。鮮麻呂ちゃんの決断、素敵でございます。鮮麻呂ちゃんは陸奥の風となったのだね。高橋克彦さん、書いてくれてありがと。
[PR]
The Original by Sun&Moon