ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
背中が寂しいぜぃ。
2010年 02月 15日 |
堀に降りれないイコさんは、堀で遊ぶララ母さんと兄弟キロルが気になるらしい。
ララとキロルは「スキーに乗った山親父ぃ♪♪」 の如く上手に滑り降りていくのに、
なぜイコロは降りれないのかね?
b0067302_2332588.jpg
時たま上がって来てくれて、ひとジャレすると、ササーっと堀へ滑り降りていくキロさん。
b0067302_23443497.jpg
プールに取り残されたイコさんはぁ、
左手で雪をかきかき、かきかきかきかき、ひたすら・・かきかきかき。
掘った穴に背中やお尻をはめて、ゴロゴロ、ゴロゴロ。
いやぁ、おっさんやね。
b0067302_23534463.jpg
1人でまったりしてるところにララ様の襲撃。
イコキロもデカくなったけど、母さんと比べるとまだ小さいね。
イコさん、嬉しそうだぁ~
b0067302_0034.jpg

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【警官の血 下巻】 佐々木譲
うわぁ~~。久しぶりにズシッと胸にたまる本読んだな。三代続く警察の血に、取り巻く人達も代替わりしながら絡み合って読み応えあったわ。犯人はやっぱりヤツで、私の小学校の担任の先生に言わせると「豆腐の腐ったヤツ」と言うことだわ。和也が図太く成長していいな。ただ、女を見る目は鍛えたほうがいいと思うよ。笠井が和也の代にも出るかと思ったんだけどな。
[PR]
The Original by Sun&Moon