ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
帯の真偽のほど これいかに!
2009年 05月 07日 |
帯やポップには騙される事が多々あります。

ある本を探している時に目に入った帯
  これを読んで「つまらなかった」という人とは、
  私は友だちになれないだろう。
by中井美穂@古田嫁
「別に私はあなたと友達になれなくていいけど、
ここまで書くからには、相当自信ありなんですね?」と思った帯の本が
【プリズンホテル(4)春】by浅田次郎
はてさて、帯の真偽のほどは
ここは知識の泉ならぬ、図書の泉ちゃんにメールだ。
  「プリズンホテルおもろいの?」
  「おもろい。おばか。送っちゃる。」
届く→読む→数ページ読む→ヤバイ・おもろい・好き→買う→借りて読了したくせに買う。

b0067302_2401334.jpg【つばさよつばさ】によると、木戸幸之助は浅田次郎の昔書いた没原稿のペンネーム。うっとしい長髪って自虐じゃね(笑)?
木戸先生、仲蔵親分、番頭黒田、大曽根、ゴンザレス、花沢支配人に繁クン、梶板長と服部シェフ、鉄砲常にフランケン安、岡林に今井、富江、お清、ミカちゃん、女将にアニタ、オギワラ、みんな好き♪♪ ミカちゃんには何度も泣かされたよ。
私もプリズン・・湯元紫陽花ホテルの「極楽の湯」の心地良さに、夜づめで入って湯あたりしてしまいました。全4巻、行きつ戻りつつ2回読んじゃった。
送ってくれてありがと。も少ししたら返すから(汗)。
[PR]
The Original by Sun&Moon