ただのmemo
tomokoya.exblog.jp
回顧と懐古
2009年 01月 08日 |
流星の絆を読んでる時、キーワードとなるハヤシライスの文字に
深くない私の脳みそのシワを刺激するものがあって
でも、それが何なのか自分自身でも分からず
食いしん坊の私の事、「ハヤシライス」が食べたいんだろうな・・程度に流したけど、
あの時私の浅い脳みそのシワが思い出したかった事が判明。
それは、港亭。裏参道にあった港亭。
裏参道から電車通りに引っ越したけど、いつのまにか無くなっていた港亭。
「えぇ~、ここに港亭あったよね?どこ行ったの?」な港亭。
私の脳みそは、記憶の底からハヤシライス⇒港亭を思い出したかったのに出来なかった。
だって、あまりに綺麗さっぱり忘れてた。忘れすぎてる、あの頃の事。

こゆ事ありませんか?
確かにあった事なのに、まるで無かった事のように記憶から欠落している事。
そして、欠落していた事実に凄いショックを受ける。
なんで忘れちゃってたのか、忘れちゃいけない事なのにな。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
短大時代、
北18条からクラーク会館まで、時間潰しに歩いた事が何度もあるけど(春先除く)
ここで疑問が・・
私はどうやって札幌駅を越えたのでしょう?
当時の札幌駅北口の様子がさっぱり思い出せません。
もう高架になってた?高架になってなかったとしたら線路渡った?
いや、線路を渡った記憶なんてそれこそ無い。
昔の札幌駅て、どんなだった?
だめ・・、全然思い出せない・・。
情けない、情けなさ過ぎる私の脳みそ(涙)。

なぜこんなに昔の事を振り返ってるかというと
それは、盛田隆二の【夜の果てまで】を読んだから。
自分の住んでいる街が小説の舞台になるって、こゆ事なのね。
主人公と年代は同じだし、北大じゃないけど近所の短大に通ってたし
固有名詞そのままで書かれてるので、分かりすぎる。
いや、さすがに北海道新聞だけは変えてあったけど、略して道新は一緒だ。
あまりに情景が浮かびすぎて、ちょっと錯覚してしまいそうになった。
それなのに綺麗さっぱり忘れている事もあって、
情けない脳みそに軽くショック状態(苦笑)。

ところで素朴な疑問が・・
恋愛小説ちうものは、片方、若しくは両方が結婚してないと
つまりは不倫じゃないと成り立たないのですか?
中村航の【僕の好きな人が、よく眠れますように】の彼女も人妻だったよな。

新聞社の内定蹴るなんて考えられん。
登場人物の中で、正太君が1番大人。正太君の通ってた学校て、中島中学だよね。
読み終わって、「で、結局?」と思ったところ
二月もきょうで終わり・・
という事は翌日は3月1日。あっ、あっ、あっー
いやぁ~、そうだったか。そうか。そうか。そうかぁ~。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
【夜の果てまで】 盛田隆二
[PR]
by tomoko-ya22 | 2009-01-08 23:46 | あれこれ |
The Original by Sun&Moon